やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

基板の自作

fppr感光剤による露光の準備の検討3 管間を10cm以上離すこと!?

投稿日:2014年11月17日 更新日:

照明器具が届いた。
ふたを開けて、端子を接続すると、以下の通り。
shoumei_zentai1.jpg
ふたを閉めると、以下の通り。
shoumei_zentai2.jpg

懸念したグローランプの張り出しは、中に突っ込むことが出来るようである。
1回つくだけなので、熱的には問題ないだろう。
glow.jpg
しかし、
取説を見ると、電気工事士により行うこと、
各ライトは、熱による焼損を防ぐため、
<<互いに10cm以上離すこと>>とある。

しかし、10cmも離すと、ムラが出来すぎてしまい、役に立たないし、
どのサイトを見ても、これを遵守しているのはない。

したがって、危険性を考え、慎重になるべきであり、
熱による焼損を防ぐために、見張っている必要があり、自己責任が要求される。

その他、端子は、むき出しのより線なので、
端子台等で、100vへ結合する必要がある。
141117_0302~01.jpg
例えば、ワゴの wf-5などが検討対象になる。

照明器具を並べた場合でも、ムラが出来る場合には、
蛍光灯の末端の端子を、直に並べるしかない。
端子は、端子両側の溝にそって、蛍光灯の軸方向へ差し込む方式となっている。tansi1.jpgtansi2.jpg

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

fppr200感光剤による基板の自作 還元剤を使用してみた。 中和剤 ph測定液

1.fppr200の現像液の廃棄、中和 (1)経緯 現像液を出したがいいが、処分できないでは、直ちに困ってしまう。 まず、fppr200の現像液を見ると、NA+イオンを含むアルカリであるらしい。 そこ …

no image

ネット上にある種々の基板作りの自作方法1

方法を分類すると、可能性としては、以下の通り。 <2017.10月>正直お勧めできない。 1.基板に直接、感光材を塗布する方法(暗い場所が必要) (1)感光基板(サンハヤト)を使う方法(かなり高価) …

no image

fppr200感光剤による基板の自作7 もう一度やってみた。対策が見えてきた。。

<2017年10月>以下、結局あきらめました。 もう一度やってみた。 手慣れた作業になったので、 あっという間に、現像できる基板が、一応出来上がった。 たまたま、OHPを保管していたところが、 ねじを …

no image

シルクスクリーン、基板印刷のダイレクト製版のためのMD-4000のドライバは、win7に非対応、シルクスクリーン、基板印刷のダイレクト製版のため、ブラザーの感熱プリンタで、マスターを印刷しました。

<2017年10月>以下、正直なところ、うまくいきませんでした。 シルクスクリーン、基板印刷の製版のため、MD-4000を入手したが、 WIN7へインストールすることはできず、 これをするには、MD- …

no image

fppr200感光剤による基板の自作8 ガラスで押さえつけて格段に良くなった!

<2017年10月>以下、結局あきらめました。 38x24cmの光透過ガラスを買った。 ガラスは外枠にぴったりの大きさとなった。 ガラスでOHPを押さえつけて、OHPの浮きを押さえつけた。 L字のアル …

[最近の記事]
2014年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP