やまちゃんのオーディオブログ

真空管アンプ、最近は資金調達のためのFX,MetaTrader4ネタもやっています。

基板の自作

fppr感光材による露光の準備の検討2

投稿日:2014年11月10日 更新日:

暗室のための感光防止のための、赤セロファンは、
ダイソーで、50cmx70cmの多色セットが売っていた。
ネットで2枚重ねという記事があったので、2つ買った。

LEDテープのものは、ネットによると、LEDは、放射の直接性があり、
結構、均一性が問題になる可能性があるようなので、
今回はとりあえず、やむを得ず、しかたなく、
1140(Panasonic 施設照明 笠なし型器具 FA11021Z)x4
+650(送料)
+264(ケミカルランプ)x4=6266円
という方向で、考えている。

ちなみに、ホームセンターなら、笠なし型器具は2千円以上するし、
また、売り場に、4つも売っていない。

安定器(583円)をバラで買う選択もあったが、かえって高くつく。

ケミカルランプは、128円というものもあったが、
送料を合わせると、割高になってしまう。

スキャナを代用するかについては、未定。
中古で200円といえども、いまだ動作できるものを壊すのは、可哀想すぎるので、
SCSI入力など、実質使えないものを考えてみる。

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

基板の自作における、ダイレクト製版のインク、fppr感光材による露光の準備の検討

ダイレクト製版によるシルクや、基板作成は、まだ捨てたものではない。 インクの選択や、版(例えばプリントゴッコのもの)の選択など、 まだ試す方法がある。 インクとしては、しゃぶしゃぶ音がならないものを試 …

no image

部品交換可能な新しいランド基板の作り方と水晶発振子回路への応用

水晶発振子のコルピッツ回路では、ブレッドボードでやると異常発振しやすいという。 (過去記事「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12」でご紹介した「実験・製作の記録 …

no image

fppr感光剤による露光の準備の検討3 管間を10cm以上離すこと!?

照明器具が届いた。 ふたを開けて、端子を接続すると、以下の通り。 ふたを閉めると、以下の通り。 懸念したグローランプの張り出しは、中に突っ込むことが出来るようである。 1回つくだけなので、熱的には問題 …

no image

ブレッドボードによる水晶発振回路の試作、試行錯誤の仕方

ここでの実験は、水晶発振子で正弦波を出す、 最終的には、共振コイルを付加して発振させたいところだが、まずは、試行錯誤の開始点として、 発振させることが、最初の目標だった。 ブレッドボードによれば、部品 …

no image

fppr200感光剤による基板の自作8 ガラスで押さえつけて格段に良くなった!

<2017年10月>以下、結局あきらめました。 38x24cmの光透過ガラスを買った。 ガラスは外枠にぴったりの大きさとなった。 ガラスでOHPを押さえつけて、OHPの浮きを押さえつけた。 L字のアル …

[最近の記事]
2014年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP