やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

基板の自作

ブレッドボードによる水晶発振回路の試作、試行錯誤の仕方

投稿日:2015年2月21日 更新日:

ここでの実験は、水晶発振子で正弦波を出す、
最終的には、共振コイルを付加して発振させたいところだが、まずは、試行錯誤の開始点として、
発振させることが、最初の目標だった。

ブレッドボードによれば、部品の取り換えが自由にできて、試行錯誤が容易にできる。
ただし、グラウンドが頑丈でなく、高周波装置には不向きとされ、
水晶発振子では、異常発振が生じやすいというのを、ネット上で多数拝見した。
(私のブレッドボードには、鉄の板?が裏に張ってあるが、浮いておりグラウンドにはならなかった。)
しかし、10Mhz程度なら、全く異常発振せずに、容易に動作を確認できた。
150212_0339~01.jpg
150212_0341~01.jpg

そこで、以下は、試行錯誤が容易になるような、お話をする。
ここでは、コルピッツ回路を使う。
ループで正帰還を起こし、発振させるもので、
むだな振動が生じないよう、飽和振動でなく、あくまでサインカーブを取り出す。
前回「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12」は、
始まって以来の異常な高評価のアクセスをいただいた。
ここでご紹介した、)「第九研究室だより」というサイトの「発振するぜ」という記事によれば、部品を全く切断することなく、簡単に、とりあえず発振できた。
しかしそれは、異常発振の原因を究明してからであり、かなりの試行錯誤が必要だった。
より、グラウンドが頑丈だとされる、ランド基板(後の回に後述)も作成した。

そこで、試行錯誤の方法を説明したい。
試行錯誤するうえでは、どの部品が問題かをつかむ必要がある。
そのためには、PCの修理で学んだことは、「いろいろな試行錯誤をする」
これがだめなら次はこれ」(リセットだめなら、ハードディスク付け替え、メモリ交換、OS入れ直し・・・ネットで対策を探し・・・・エンドレス)ということだった。
・試行錯誤とするには、すでに動作する基準が必要であり、他のPCを用意することも重要だった。
ブレッドボード上で回路を組んで行うと、見かけ、異常発振が確認できた。
・どの部品が、おかしいのか、分からない場合には、その代替を多数用意しておくことが重要である。
①抵抗
②コンデンサ
③トランジスタ
④水晶発振子
⑤オシロ

①②について、セットを用意しておくと便利である。散発的に買っても、どこに行ったか分からなくなり、買ったことが無駄になりやすい。
店に買いに行くと、小さい部品で、ただ袋に入れてくれるだけで、ラベルまでは付してくれない。
やはり、目で見て買う必要がない部品は、隣に店があっても、通販に限る。
秋月や、デジキーなどは丁寧にラベルを付してくれる。
①については、秋月の抵抗セットをお勧めする。
100本ずつ入っている。
これだけあれば、ブレッドボードで、付け替えするまでもなく、はんだ付けできる。
私は、xxの店で、2本ずつ各種を大人買いした。5千円以上はした。
抵抗のセットはないですか?ありません。と言われて。数多く(150以上)買うと、いやな顔されて・・・
(koaの2wで、数値が書いてある。だい3の男などを思い出すまでもない。)
しかし、後で気づいて、秋月さんにしておけば、よかったです。

少量のpfのコンデンサについては、アイテンドーさんのセットがおすすめである。
③トランジスタ。これも、今つけたものが壊れている可能性から、何種類も用意する。
2sc1815他、
カソード電圧が出ているなら、壊れていない証拠となると判断した。
④水晶発振子も、4MHz~14MHzまで、5種類ぐらい用意した。
⑤オシロは、代替をそろえるのは、金銭的に難しい。
そこで、できる限り、ネット上で成功した回路を、数種類デッドコピーする。
いろいろためしたが、どれも振動が安定せず、おかしいことがわかり、ようやくオシロを疑い始めた。
・CAL(カリブレーション)という、動いて当たり前の、調整用の波形が出ているが、
どのようにしても現れないので、つぶれていると思っていた。
ところが、取説に従い、オートセットを押すと、それらしい波形が見えた。
結構、感動した。しかし、波形が揺れている。これは故障だな!?
・オシロを交換しなければならないのかと思ったが、初期状態にリセットする方法を知り、
オシロをリセットをすると、波形の揺れが止まった。

・それで、上記の波形は、トランジスタ下の、カソード端子の部分。
この部分は、前回ご紹介した本からすると、波形がよくないとされており、
水晶発振子の両端が波形がよいが、バッファが必要とされている。
測定子の容量により、不当な影響が生じるからとされているが、
水晶発振子の両端については、
実際には、そもそも、インピーダンスが高すぎて、まったく発振波形を測定できず、
バッファを設けてようやく、発振を確認できたが、
波形を観測できないことは知らなかった。
しかし、電源電圧も、同じ波形がかなりの電圧で、揺れている。
バッファに観測できたのは、これのせいかもしれない。
電圧を安定化する必要がある。
安定化しないと、みかけジッターになる(「マニアなら知っておきたいオーディオ雑誌のお宝記事10 デジタル」)の②2013年2月「作るマイデジタルオーディオ」の特集記事の「低ジッタクロックで高S/N再生」p54参照。

また、電圧を安定化してベースに影響がないのか、と思いながら、また考える必要がある。
前回の「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12ご紹介した「定本 発振回路の設計と応用」には、ベース抵抗を、高抵抗にするとの記載がある。

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

わが道を行く!fppr-200レジストの極厚塗り基板2 基板の自作10 試行錯誤の経緯と、今までのまとめ。

fppr-200の基板作りの記事も、10回目に突入した。 わが道を行く!レジストの極厚塗りで対応することにしたのは、前回のとおりである。 <試行錯誤の経緯の続き> 終わってみれば、「基板用感光剤の使い …

no image

fppr200感光剤による基板の自作8 ガラスで押さえつけて格段に良くなった!

<2017年10月>以下、結局あきらめました。 38x24cmの光透過ガラスを買った。 ガラスは外枠にぴったりの大きさとなった。 ガラスでOHPを押さえつけて、OHPの浮きを押さえつけた。 L字のアル …

no image

部品交換可能な新しいランド基板の作り方と水晶発振子回路への応用

水晶発振子のコルピッツ回路では、ブレッドボードでやると異常発振しやすいという。 (過去記事「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12」でご紹介した「実験・製作の記録 …

no image

fppr感光剤による露光の準備の検討3 管間を10cm以上離すこと!?

照明器具が届いた。 ふたを開けて、端子を接続すると、以下の通り。 ふたを閉めると、以下の通り。 懸念したグローランプの張り出しは、中に突っ込むことが出来るようである。 1回つくだけなので、熱的には問題 …

no image

hdp-10Bを用いた、0.5mmの穴あけ

基板を発注するには、ハッピー基板にお願いするが、 失敗した場合の損失を考えると、基板をエッチング等で自作したい。 そこでまずネックとなるのが、スルーホールの作成であるが、 ハンドドリル+垂直ドリルガイ …

[最近の記事]
2015年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP