やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

基板の自作

簡易な温度制御装置の自作(オムロンの温度調節器、オーブントースターを使ったリフロー、プリベーク、ポストベーク)

投稿日:2015年1月11日 更新日:

<2017年10月>以下、結局あきらめましたが、温度制御の方法としては自信があります。

去年より、感光剤のfppr-200を使って、
基板を作ることの試行錯誤を繰り返しているが、ようやくめどが立ってきた。

その中で、「無電解メッキとフォトレジストを用いた鏡の作成」(向井知大・小畠りか・大場茂)慶応大学のpdfが参考になり、
とりわけプリベークが大事であることが分かった。
この記事によると、一般に行われているドライヤーでは、不十分という説明があり、
実際私が試してみて、レジストの本体部分が流れてしまうのに悩んでいたところ、
いわゆるオーブントースターリフローと同じ方法でやってみると、レジストが頑丈になった。

プリベークが大事であることを理解した。
適当に焼いてみると(おそらく200度になっていたかもしれないが)、
感光した基板が、まったく現像できないぐらい頑丈になった。
そこで、温度制御が必要になり、手製の温度制御装置を取り出した。。。

というわけで今回は、温度制御装置について、説明する。
fppr-200の仕様書によれば、プリベーク、ポストベークの要求がされている。
プリベークは、現像前に焼く。ポストベークは、現像後、エッチング前に焼く。
リフローは、はんだペーストを基板に塗り、部品をその上において、温度制御すると、
はんだ付けが出来上がるというもの。ネット上にごろごろ情報が転がっている。

しかし、どれもこれも難しい説明が多い。
中には、マイコン仕掛けで、蓋が開くようになっているものもある。
トランジスタ技術2007年1月号(図書館へ)などもも、マイコンを使っている。
しかし、基板作成という入り口のところで、時間をかけたくない。
もっと簡易にできないかと思って、自作というほどではないが、
マイコン不要の以下の装置を昔に自作した。

<装置概要>

 

この制御装置は、制御対象の電源入力源をソリッドステートリレー(SSR)で、on,offして制御する。
これによれば、サーモスタットよりも高精度な制御が出来る。

・注意:まず断わっておくが、オーブントースターのコンセントは、
他の高電力の電気装置、例えばファンヒーターなどと、タコ足にしないこと。

タコ足の容量は、たいてい1500Wなので、容量オーバーとなることに注意する。
今の季節はとくに注意が必要。
また、終わったら直ちに2つのコンセントは、抜いておく。

・温度制御装置は、オムロンなどのものをヤフオクで入手する。
3000円ぐらいからある。
昔の取説を入手して、ソリッドステートリレー対応のものを入手する。
・間違っても、リニアー制御のみの機能のものを入手してはならない。
・上の欄が、現在温度、下の欄が目標温度を表している。
・リフローでは、温度がプリの温度があるので、設定温度が複数あるものが好ましい。
150111_1402~01.jpg

ソリッドステートリレーは、交流電源を制御する巨大なモスFETといった内容であり、
制御対象の電源のオンオフを、12Vなどの制御入力線の0V、12Vで制御する。

・これにより、制御対象にコントローラがなくても、
外部からその電源入力をオン・オフして、温度制御できる。
・制御入力線の電圧、温度制御装置によりけりで、5Vのものも存在したと思う。
・ソリッドステートリレーは、制御対象のワット数で、容量が決まる。
1200ワットなら、12A必要となるが、余裕を見て、倍のものを購入する。
ヤフオクで25Vのものを、500円ほどで入手した。
リレーの入力側も、購入する温度制御装置の出力電圧を超えないものを、選択する。
150111_1403~01.jpg

制御対象として、オーブントースターが必要となる。
・オーブントースターでなくても、原理的には、はんだのコテ先でも制御できる。
・オーブントースターは、遠赤のものを入手した方が、立ち上がりが速い。
遠赤対応のものは、ランプの色が黄色い。
下の写真では、上のランプが(見えないが)黄色、下が白である。
・オムロンの装置では、制御の間隔を5秒などと変えられるが、あまり短くすると、
間合いが短すぎて、そもそも電源が入らず、温度が上がらない。
これも、立ち上がりの速度、ひいては温度制御の精密さと関係する。
・なお、サーモスタットは、220度から起動し、170度に下がると、オンになる。
→あまりに制御が雑なので、内部をこじ開けて短絡しておく(自己責任でお願いします)。
・また、コンベクションオーブンは、プリベーク時に、熱風でゴミを吹き付ける懸念がある。
・ちなみに、遠赤は、内部が反応して熱が出るので、
リフローとしてはひずみが大きくなるので、
熱風で制御する方が好ましいという話をネット上で見たが、あまりこだわらない。

熱電対:リフロー用に、300度に耐えるもの。
ヤフオクで1200度に耐える物を入手した。RSでも入手できる。
・熱電対の先は、手でねじっておき、
オーブンの皿の上付近に来るように挿入する(固定するまでもない)。
150111_1401~01.jpg

延長コードを2つ。
・1つは、制御対象に接続するものであり(写真の白いもの)、
延長コードを改造して、延長コードのくっついた2本の電線のうち、1本のみを
オスコンセント側付近で切断し、皮を剥き、
ソリッドステートリレーのロード端子につなぐ。
・1つは、温度制御装置の電源であり、メスプラグ側を切断して、皮を剥き、
温度制御装置の電源「100Vto240V~」につなぐ。
・下の図で、白いのが延長コード、黒いのが、オーブントースター。
150111_1404~01.jpg

・温度制御装置の端子の接続の仕方150111_1405~02.jpg
装置の後ろに、端子の説明があり、端子台に振られた番号と対応している。
この例では、100TO240Vという両端を、
温度制御装置の電源コード(延長コードを改造)につなぎ、
OUT1(12VDC+-)というのを、ステートリレーのINPUTに接続する。
17,18端子(+-フィラメントマーク)を、熱電対に接続する。
150111_1405~01.jpg

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ネット上にある種々の基板作りの自作方法1

方法を分類すると、可能性としては、以下の通り。 <2017.10月>正直お勧めできない。 1.基板に直接、感光材を塗布する方法(暗い場所が必要) (1)感光基板(サンハヤト)を使う方法(かなり高価) …

no image

基板の自作における、ダイレクト製版のインク、fppr感光材による露光の準備の検討

ダイレクト製版によるシルクや、基板作成は、まだ捨てたものではない。 インクの選択や、版(例えばプリントゴッコのもの)の選択など、 まだ試す方法がある。 インクとしては、しゃぶしゃぶ音がならないものを試 …

no image

ネット上にある種々の基板作りの自作方法2

前回「種々の基板作りの方法を研究したので、分類する。1」の補足をする。 前回の番号を流用する。 ハッピー基板(1万2千円~)を注文する前に、試作をしておきたい。 1.(1)の感光基板(サンハヤト)を使 …

no image

部品交換可能な新しいランド基板の作り方と水晶発振子回路への応用

水晶発振子のコルピッツ回路では、ブレッドボードでやると異常発振しやすいという。 (過去記事「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12」でご紹介した「実験・製作の記録 …

no image

fppr感光剤による露光の準備の検討4 露光機の検討の続き

管がもう一つ入るぐらいの隙間がある。 そうなると、光のムラが大きく、管の先端の端子をねじで、直付けするしかないか。 ちなみに、前回申したように、 熱の関係から、取説上、管間を10cm離すことが要求され …

[最近の記事]
2015年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP