やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

基板の自作

シルクスクリーンの自動製版のため、Md-4000を入手し、ドライバを入手した。感光材のfpprを購入した。

投稿日:2014年10月21日 更新日:

ルクスクリーンの自動製版のため、アルプスのMd-xxxxを入手し、ドライバを入手した。
ドライバは、2015年3月まででおしまいなので、
少しでも関心がある方は、早期に入手する必要がある。

アルプスのMd-xxxx(MD-2000、4000、2030)は、
古くなるとがががーという異音がして、止まるトラブルが報告されている。
私の機種もそうであった。クリーニングすれば直ると、直し方がネットにある
(「Fiat Tipoのステッカー作成とMD-4000修理 – Fiat Tipoの自家塗装、修理」、
修理にお出しいただく前に、お客様にて点検・清掃・設定できるポイント」)

それによれば、MD-4000は、
受光素子を用いた光電スイッチで、ヘッドの左右移動の基準点を検出しているらしく、
その基準点の突起、シールをきちんと汚れを拭き切ることが必要と分かった。
とりあえず、拭いてみたが、治らなかった。
そこで、動きをいろいろ試すと、左から右へヘッドが移動して、
突起を通過して、その基準場所を検出している。
コの字の突起には、黒と銀が印刷されたシールが、上向きにつけられ、
光電素子は下に向けて設けられ、下へ光を発光し、反射光を検出して、信号に変える。

また、格納した4つのインクリボンにも、シールが付いていて、場所を検出している。
インクリボンには、ちがう受光パターンのシールがあり、4つがどこにあってもその色の種類を検出できるようになっている。
また、よく見ると、ヘッドには、上記突起に対応した光電スイッチのみならず、
その奥の方にも、4つのインクリボンに対応した、光電スイッチが配置されている。
そして、プリンタの電源を入れると、ヘッドは、常に左から右へ移動することが分かった。
(移動した瞬間に、ふたをあける。近接スイッチを殺すなどして調べる。)
ヘッドが初めから右にあると、それを検出できずに、右に振り切ってしまい、
そのヘッドの移動をさせている駆動系に無理が生じて、がががーとなることが分かったので、
上記の報告されたトラブルと同じ症状だった。
そこで、ヘッドを、検出点より、左へ移動させてみたが、治らない。
さらに、上記突起のみならず、2つの光電スイッチ(発光側、受光側x2)と、インクリボンを
改めてしっかり拭くと、ようやく検出して、がががーとならずに、止まった。

アルプスのMD-xxxxのドライバについては、2000円であり、2015年の3月までとなっている。
沖電気やシティズン等のOEMの互換機があり、そのドライバが無償で使えるようだが(youtube参照)、
トロイの木馬等のウィルスが仕込まれていることが多々あるようであり、あまりお勧めできない。
MD-2000のヤフオクの出品によれば、付属しているプリンタケーブルは、セントロニクス 36ピン オスと、パラレル25ピン との変換ケーブルであるようなので、上海問屋の10mの(D-sub 25ピン オス – セントロニクス 36ピン オス) 10m を購入した。
MD-xxxxは、製版以外、実用上ほとんど役に立たないので、
遠くにあった方が便利なので、1.5mでは足りないと思う。

<2017年10月>結局うまくいきませんでした。

FPPR-200の感光剤を、注文した。
ヤフオクに、色が酷似したものが、小分けして、倍の値段で売られている。
基本的には、6月が消費期限だが、
それや他の記事によれば、アマチュアレベルでは、5年でも、15年でも使える、
使えきれないぐらい入っている、と聞いた。
布を割り箸にまきつけて、まんべんなく塗り、ドライヤーで温めるそうである。
後日、やってみようと思う。

<2017年10月>結局うまくいきませんでした。

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

fppr200感光剤による基板の自作8 ガラスで押さえつけて格段に良くなった!

<2017年10月>以下、結局あきらめました。 38x24cmの光透過ガラスを買った。 ガラスは外枠にぴったりの大きさとなった。 ガラスでOHPを押さえつけて、OHPの浮きを押さえつけた。 L字のアル …

no image

fppr感光剤による露光の準備の検討3 管間を10cm以上離すこと!?

照明器具が届いた。 ふたを開けて、端子を接続すると、以下の通り。 ふたを閉めると、以下の通り。 懸念したグローランプの張り出しは、中に突っ込むことが出来るようである。 1回つくだけなので、熱的には問題 …

no image

ブレッドボードによる水晶発振回路の試作、試行錯誤の仕方

ここでの実験は、水晶発振子で正弦波を出す、 最終的には、共振コイルを付加して発振させたいところだが、まずは、試行錯誤の開始点として、 発振させることが、最初の目標だった。 ブレッドボードによれば、部品 …

no image

簡易な温度制御装置の自作(オムロンの温度調節器、オーブントースターを使ったリフロー、プリベーク、ポストベーク)

<2017年10月>以下、結局あきらめましたが、温度制御の方法としては自信があります。 去年より、感光剤のfppr-200を使って、 基板を作ることの試行錯誤を繰り返しているが、ようやくめどが立ってき …

no image

部品交換可能な新しいランド基板の作り方と水晶発振子回路への応用

水晶発振子のコルピッツ回路では、ブレッドボードでやると異常発振しやすいという。 (過去記事「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12」でご紹介した「実験・製作の記録 …

[最近の記事]
2014年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP