やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

ez-usb fx2lp usbマイコンの基本の解説

4.即座にバルクループ(bulkloop)を立ち上げる!

投稿日:2013年6月2日 更新日:

hard_install.bmp
今回は、基本となるサンプルであるバルクループを、速攻で、立ち上げることにしよう。

バルクループとは、
A.fx2lpのアウト用エンドポイントへ、256kバイトずつ、データを送り込み、

B. fx2lpのファームウェアにより、コントロールされるfx2lpが、
fx2lpのアウト用エンドポイントから、fx2lpのイン用エンドポイントへ、
上記送り込んだデータを、すべてコピーして、

C. fx2lpのイン用エンドポイントから、PCがデータを読み取るというものである。
(エンドポイントについては、前提3を参照)

インストールの手順は、以下のとおり。

①前回3.の
http://usbhobby.sblo.jp/category/2592304-1.html)の方法で、
vc#、keil、cyconsole をインストールしたことを前提とする。

②オプティマイズの基板を、
USBのBタイプコードを介して(100円ショップで、3m300円)
PCに挿す。

EZUSBfx2を認識させる。
hard_install0.bmp
ここでは、最初にインストールする時は、「EZ-USB」でなく、
「fx2lp(no eePROM)」となっているかもしれない。後述⑤参照。

この次に、
hard_install.bmp
が現われ、「次へ」を押した後、
「次の場所を含める」をチェックして、さらに”次へ”を押す。

・目的のinfファイルは、開発環境の中に入っている。
「参照」において、インストールした、C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.0
\Drivers\cyusbfx1_fx2lpの中の、7、xp等のフォルダがあり、
これらの1つを選択する。
XP 32bitなら、以下のとおり、「wxp\x86」のフォルダを選択する。
hard_install3.bmp
さらにディレクトリを下ると・・・
hard_install4.bmp
OKを押して、しばらく待つと、次の画面へ。
hard_install5.bmp

④cyconsoleを立ち上げる。
>スタート>全てのプログラム>cypress>Cypress Suit3.4.7>cyconsole
それを立ち上げると、optionというタブにEZ usb interfaceというのがあるから、
それをクリック。

⑤オプティマイズEZUSBfx2のEEPROMに近い側の、赤いジャンパピンを抜いたまま
(つまりEEPROM無効にしたまま)、
PCに、EZUSBFX2の基板を挿す。

・このとき、cyconsoleに、「fx2lp(no eePROM)」とあるのを確認。
(「fx2lp(no eePROM)」でなく、「EZUSB」と出るようであれば、
以下の⑥をすれば、「fx2lp(no eePROM)」になる。)

・「赤いジャンパピンを抜いたまま」の意味は、後述の⑥が効かない場合がある、
という不具合が、報告されている点にある。
つべこべ言わずに、とりあえず、「赤いジャンパピンを抜いたまま」というのに、従う。

⑥上記インターフェースから、ダウンロードボタンを押す。
その意味は、すでに出来上がったファームウェアの「.hex」ファイルを
EZUSBFX2へ、導入する。
これで、EZUSBFX2は、このファームウェアに従い、動作することになる。

ダウンロードすべきファイルは、
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.0\Firmware\Bulkloop\bulkloop.hex
ダウンロードすると、テキストが流れて、
cyconsoleのテキストの値が「EZUSB」に変わるのを確認。

⑦インストールした開発環境の
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.0
\SuiteUSB\CySuiteUSB_3_4_7_B204.exeをダブルクリックして、
vc#等のサンプルをインストールする。
インストールといっても、ファイルが所定の場所に展開されるだけである。

別の方法としては、cypressの
Home > Products > USB Controllers > USB Hi-Speed Peripherals > EZ-USB FX2LPトレードマーク(TM) から、
右欄の「Software and Drivers (3) 」をクリックし、
そのクリックした先の頁の、さらに下の
「SuiteUSB 3.4 – USB Development tools for Visual Studio 」
“CySuiteUSB_3_4_7_B204.exe “をインストールしてもよい。

展開されるのは、PCの、C:\Cypress\Cypress Suite USB 3.4.7の場所で、
バルクループは、C:\Cypress\Cypress Suite USB 3.4.7\CyUSB.NET\examples\BulkLoop
にある。
後述のファームウェアとは、かなりフォルダが離れているので、注意を要する。

bulkloop.sin(C#2010の開発プロジェクトの大本ファイル)を、
クリックすると、C#2010の開発環境のファイルの全てが、立ち上がる。
右のプロジェクトから、”form”をクリックすると、左欄にフォームが表示されるので、
それをさらにダブルクリックすると、コードが現れる。

ちなみに、2012#で変換すると、formが変換されず、従って、コードも変換されず、
それゆえ、何も読めない恐れがある。

⑧後は、三角形矢印マークで、デバッグを行えば、フォームが立ち上がる。
C#2010上で、認識できなければ、
「EZUSBが見つかりません」となったり、
そのコードのうち、.timeoutの部分(エンドポイント探索の時間期限)の
エラーになるおそれがある。

ちなみに、stm32f0マイコンなら、
このバルクループをするだけでも、何年かかるか分からないから、
以前と比べると、大変な進歩である。

Follow me!

-ez-usb fx2lp usbマイコンの基本の解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

8.bulkloopのファームウェアを読んで解説する2

fw2.c、bulkloop.cの概要を説明します。 「//」は、コメント文であり、CPUはなんら処理しません。 includeは、別ファイルの引用です。 #define DELAY_COUNT 0x …

no image

2.ez-usb fx2lpの概要、注意すべきこと

ez-usb fx2lpは、usb2.0に対応しており、 旧番のez-usb fx2をバージョンアップした(メモリ増量)ものです。 以前は、PC側から、ez-usb fx2へ命令を送るのに、 ezus …

no image

<前提2>ez-usb fx2lp以外の手段について2

usbの専用マイコンとしては、ftdiのFT2232Hがある。 これは、FX2LPよりお手軽で、 マイコンにプログラム(ファームウェア)をインストールする必要がない。 VISUAL STUDIOから命 …

no image

6.fx2lpで参考資料となるpdf

①C#、C++の参考資料は、インストールした開発環境の、 C:\Cypress\Cypress Suite USB 3.4.7\CyUSB.NET\CyUSB.NET.pdf または、同フォルダのCy …

no image

小さな小さな信号発生器(シグナルジェネレータ、ファンクションジェネレータ)

信号発生器、オシレータ、シグナルジェネレータ、またはファンクションジェネレータを購入して、 fx2lpに入力しようと考えた。fx2lpをスレーブとするクロックとして。 ところが、高い、大きい、6000 …

[最近の記事]
2013年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP