やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

ez-usb fx2lp usbマイコンの基本の解説

3.fx2lpの開発(準備するものの概要)

投稿日:2013年6月2日 更新日:

開発環境は、以下の図のとおり。

FX2lp_lecuter.bmp
(クリックすると大きくなります)

図にあるように、
①PCから、FX2LPに命令を下したり、データを送信するのに、
VC#2010とその上で動くソフトが必要になり、

②FX2LP自身は、
特定のプログラム(ファームウェア)でコントロールされるので、
そのコンパイルと編集のため、keilのソフトが必要になる。

①は、 vc++のサンプルでもよいが、
当方のwin7の環境で、サンプルプログラム(バルクループ)として、
即座に動作したのは、c#2010のみだったから、これをお勧めする。

c#2012へ変換できることとなっているが、
「form」は、現実には変換できないおそれがあり、
formだけのプログラムは、現実には、なにも変換できないから、
とりあえず、c#2010のエクスプレスエディション(無償)をマイクロソフトのサイトから導入する。(追記:後で、c#2012への変換もできました。場合によりできないこともありえます。)
2010も使えなくなる時がくるだろうから、
CD版(iso)をフルダウンロードした方がよいと思います。

②「keil」は、cypressのホームページで、cy3684kit_revSA.zipにより、入手できる。
cy3684kit_revSA.zip(cy3681.zipではないので、注意する。)
は、cypress提供の開発環境であって、これを、解凍して、インストールする。

サイトはころころ変わるらしいので、サイトの
Home > Products > USB Controllers > USB Hi-Speed Peripherals > EZ-USB FX2LPトレードマーク(TM)
(http://www.cypress.com/?id=193&rtID=110(参考程度))から、
develop_kit.bmp
CY3684 EZ-USB FX2LP Development Kitを選択して、
というcy3684kit_revSA.zipを解凍します。なお、CY3684Setup.exeでもかまいません。

このcy3684kit_revSA.zipの解凍で注意すべきは、
解凍ソフトには、フォルダの階層数に制限があるものが多く、
完全に解凍できないという常識
がある、ということです。
ですから、なるべく浅いフォルダ、たとえばc:\で、解凍するようにします。
例えばデスクトップは、
C:\Documents and Settings\xxさん\デスクトップで、結構深いです。
cy3684kit_revSA.zipは、結構深い階層数になっているので、
用心に越したことはないと思います。
c:に解凍すると、
cy3684kaitou.bmp
となります。

セットアップは、CY3684Setup.exeをダブルクリックします。
ここで、フォルダが深くなりすぎないよう、
最初に登場する、セットアップのデフォルトのフォルダC:\Cypress\usb\のみを、
C:\Cypress\としてもよいと思います。
setupgamen.bmp

会社名を適宜入れながら、yes、submit、acceptなどを入力すれば、
開発環境とあわせて、容易にインストールできる。

ここでのインストールは、
CY3684の開発環境一式(サンプル、ドキュメント)のみがインストールされるようです。

keilのインストールは、デフォルトのインストールフォルダで、
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.0\uV2_4k\setupにあります。

keil無償の評価版は、容量が4kまでの制限があるが、
とりあえず、これを動作させましょう。
sdcc(無償のコンパイラ、容量制限なし)への移行は、
サンプルが動いてから考えれば足りるはずです。

とりあえず、最初は、サンプルが即座に動くよう、
回り道を慎み、最速の手段をとるべきだろうと思う。

c#2010のサンプルのインストールは、後述。

Follow me!

-ez-usb fx2lp usbマイコンの基本の解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

<前提1>ez-usb fx2lp以外の手段について

前提として、「PCの外部に情報を送る目的」を達成するには、マイコンや、FPGAを用いる必要があり、 マイコン等には、コンパイルしたプログラムを、書き込まないといけない。 <2016年5月4日この下の部 …

no image

2.ez-usb fx2lpの概要、注意すべきこと

ez-usb fx2lpは、usb2.0に対応しており、 旧番のez-usb fx2をバージョンアップした(メモリ増量)ものです。 以前は、PC側から、ez-usb fx2へ命令を送るのに、 ezus …

no image

5.keilからファームウェアをコンパイルする!

前回では、すでに出来上がったファームウェアを、fx2lp1にインストールしたが、 今回は、keilでファームウェアをコンパイルして、動作を確認する。 C:\Cypress\USB\CY3684_EZ- …

no image

8.bulkloopのファームウェアを読んで解説する2

fw2.c、bulkloop.cの概要を説明します。 「//」は、コメント文であり、CPUはなんら処理しません。 includeは、別ファイルの引用です。 #define DELAY_COUNT 0x …

no image

<前提3>USBの簡単な解説

以下のとおり、押さえておけば、 usbの説明書を読まなくても、十分実用になると思います。 1.ディスクリプタ ・USBは、ご存知のとおり、ハブ(タコ足プラグ)を利用でき、 一度に、複数の機器と接続でき …

[最近の記事]
2013年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP