やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

C#

C# XamarinでC# 日本語入力

投稿日:

C#で、コンソール型のラズパイ用のプレーヤーのプログラムを書いている。
コンソール上で、ファイルを選択したり、
コンソール型の例えばaplayなどのプレーヤーで、ファイルに応じて特定のコマンドを作成したり、
DACに、特定のi2s,spiコマンドを送ろうと考えている。
なぜC#かというと、オーバーフローが起こりにくいという点である。
Cでは私の技能では配列の領域確保等で簡単にオーバーフローとなってしまった。
文字列の操作も難しい。
ラズパイで、Cを使うには、JAXAのストリングライブラリーのsli-libを使うのがおすすめ。
動作はC++だが、Cとして使える。ラズパイ2をいじった当時は、sli-libのインストールがうまくいかなかった。

C#をlinuxで使うには、monoを使う。
最新版にこだわらなければ、C#のコンパイラはコンパイルしなくてもインストールできる。
インストールにかなり時間がかかるとネット上で記載されているが、すでにコンパイル済みのものをインストールすればそれほど時間がかからない。
インストールする前に、まず以下をインストール。

”sudo apt-get install \
libcairo2-dev libexif-dev libfreetype6-dev libfontconfig1-dev libglib2.0-dev libjpeg-dev libpng-dev \
libtiff-dev libgif-dev libx11-dev libxrender-dev”

<出典: 「Mono のビルド・インストール (tarball) 」>

IDEは、Xウインドウズ上で、Xamarinというのを使うらしい。
ラズパイでやってみたが、Xamarinを使うには、もちろんコンソールではだめで、
ラズベリーパイ用のXウインドウズが必要となる。
teratermでは、xウインドウズをみることができず、
リモートデスクトップを使う。
いろいろやったが、ウィンドウズのリモートデスクトップでは起動できず、
Run Ultra Vncというソフトをインストールして初めて、
ウインドウズ上で、ラズパイのXwindowsを拝むことができた。
通信をしているせいか、ラズパイ2でも動作は重たい。
そこで、ウインドウズ版のXamarinを考え始めた。

ウインドウズ上でも、monoは動く。
IDEは、ネット上に存在するXamarinのインストーラーを使う。monoのインストールページからは、うまくインストールできなかった。

Xamarinは、通常の状態で日本語入力すると、文字化けしてしまう。
そこで、toolタブのoptionで、Visual styleをJapaneseとする。
ここがみそであるが、toolタブのoptionでフォントを日本語が適切に表示されるフォントへ変更する。
previewのところで、日本語を打ち込み、きちんと表示されるものを選択する。
例えば、Text Edieter をMeiryo、General Pad TextをSegoe UIとする。

Follow me!

-C#

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

C#:Listのaddが思い通りいかないときは・・・参照渡しのいたずら

それから、①文字列のリストと、②文字列配列のリストと、③クラスのリストは、決定的に違うのは、 ①は、文字列が値渡しであるのに、②、③は値が格納されている場所を返す参照渡しという点である。 ②、③をルー …

no image

C#: iniファイルの読み出しと編集(重複する値、キーがあるとき)

C#では iniファイルの読み出し用のプロパティが設けられているが、 キーと値が1対1でなければならず、値が複数の場合には登録できない。 そこで、例えば、以下のような音楽ファイルの存在するフォルダを複 …

[最近の記事]
2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

3PR エリア3 タイトル