やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

analog; self-build tone-arm and self-build non-core stereo MC cartridge

レコードの自作トーンアーム3

投稿日:2015年6月21日 更新日:

自作トーンアームについて補足しておく。

150619_2225~01.jpg

貫通穴をあける位置を後ろから40~50mmと申したが、
実物は60mmあった。訂正する。
短すぎると、おもりの重量が多く必要となり、バランスを取るのが難しく、
また、長すぎると、アームの長さが短くなるから、
外周と内周で、針の方向が異なることになる。
回転シェルの構造にしたので、その向きに柔軟に対応できるようにしたつもりだが、
カートリッジ部が重くなってしまい、回転シェルの動きが悪く、
それほど回転シェルの効果が期待できない。

ちなみに、このカテゴリの最初の「アナログ用自作トーンアームと自作の空芯ステレオMCカートリッジ”蝶”」で紹介した「音場「關」KAN」というサイトのアームは、異常に長い竹のアームが使われているが、
その針の方向の不適合を最小にする設計なのかもしれないと気付いた。

それから、上記貫通穴の両側の支柱は、上図のように木ねじで締めているが、
無用なモーメントを防ぐため、
支柱と本体を固定する当該木ねじと、ボルトを支える金具の取り付けねじとは、
一直線にあることが好ましいように思う。

さらに、今回の自作トーンアームのように、一点支持とすると、
回転シェルとした場合、これを回転させるとバランスが崩れ、
おもりの位置を調整する必要がある。

Follow me!

-analog; self-build tone-arm and self-build non-core stereo MC cartridge

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

自作MCカートリッジ蝶の視聴4

自作MCカートリッジ蝶が一応完成したので、 まったくもって、鳴ることすら期待していないが、聞いてみようと思い、 フォノイコライザアンプの機能がある、古いトランジスタ式アンプを取り出した。 フォノイコラ …

no image

アナログ用自作トーンアーム2

self-build tone-arm 自作トーンアームは、 前回(アナログ用自作トーンアームと自作の空芯ステレオMCカートリッジ”蝶”)で、ご紹介したネット上の「高支点」トーンアーム、 織間先生の「 …

no image

自作MCカートリッジ蝶 self-build non-core stereo MC cartridge”butterfly”3

前々回「自作MCカートリッジ self-build non-core stereo MC cartridge”butterfly”」で示した、製作上困難だった点の解決について、 …

no image

アナログ用自作トーンアームと自作の空芯ステレオMCカートリッジ”蝶”

self-build tone-arm and self-build non-core MC cartridge 以前紹介した、「オーディオ雑誌のお宝記事7 アナログ」の 織間先生の超重量級トーンアー …

no image

自作MCカートリッジ self-build non-core stereo MC cartridge”butterfly”

このカテゴリの最初の記事「アナログ用自作トーンアームと自作の空芯ステレオMCカートリッジ”蝶”」で示したように、ステレオカートリッジとしては、1つの針の斜め45度の変位を、2つ取りこめばよいことになる …

[最近の記事]
2015年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP