やまちゃんのオーディオブログ

真空管アンプ、最近は資金調達のためのFX,MetaTrader4ネタもやっています。

マニアなら知っておきたいオーディオ雑誌のお宝記事

デジタルオーディオのジッターの元祖 オーディオ記事のお宝記事5

投稿日:2015年1月25日 更新日:

7.デジタルオーディオのジッターの元祖
ジッターという言葉が騒がれる前に、
時間揺らぎやサンプリング方式について論じた、
私が知る限り、おそらく初めの文献がこちら。
(1)「ノンオーバーサンプリング方式(シンプルDAコンバータ)」
(「無線と実験」1997/3月p125)楠 亮平
(2)その元記事が、同氏の1996年11月の自作コンテスト「DAC編」。

以上のうち、(1)は、(2)を誰でも追試できるようにしたもので、
(2)のほうが理論的に詳しく書かれている。
ちなみに、(1)には、図5のICフォーミングに誤記があるので、注意を要する。

(2)には、ラムダパイだったか方式のオーバーサンプリングは、
結局は、スピーカーを視聴方向に多数並べて(つまり時間遅れを伴い)平均化したもので、正確でないという。

それゆえ、ローパスフィルタを通した場合には、結局そのデジタルの階段は消去され、
ノンオーバーサンプリング方式のほうが正確だという。
恐るべきは、インパルス応答に無駄な余韻が全くなく、刀のように切り立っている。
オーバーサンプリングをしたDACは、無駄な余韻が限りなく続く。
つまり、音像に常ににじみが生じる。
それからすると、ノンオーバーサンプリングのほうが、正確だと思わざるを得ない。
ちなみにフルーエンシーDACも同様な形状だったように思う。

それから、その元記事は、50khzだったかで、クロックを打ち直しており
デジタルインターフェース(DAI)から供給されるクロックではなく、独立クロックを用いている。
このクロックは、頻繁に切り上げや切り下げなどで、クロックに揺らぎが生じているものの、
それでも、DAIよりも、正確なクロックを供給して音がよくなったと論じている。

ジッターを論じた、私が知る限り、おそらく初めの文献という点で、
私にとっては、歴史的には、とても重要な文献
であると思う。

-マニアなら知っておきたいオーディオ雑誌のお宝記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

マニアなら知っておきたいオーディオ雑誌のお宝記事1 簡易定インピーダンスアッテネータ ノイズ対策

オーディオの技術雑誌といえば、無線と実験、ラジオ技術、トランジスタ技術、管球王国などがある。 マニアならこれは知っておきたい、お宝記事を紹介しようと思う。 管球王国は国会図書館にあるようである。 ◎は …

no image

オーディオ雑誌のお宝記事7 アナログ

1.ターンテーブル ①「バッテリードライブ ターンテーブル制御アンプ」(「無線と実験」2011年/6月、7月)金田明彦 ②「ターンテーブル制御アンプ」(「無線と実験」2014年/10月、11月)金田明 …

no image

ウェスタン91Bアンプの音の秘密(the secret of Western 91B amp sound)

これまでの雑誌をまとめると、91Bアンプの音の秘密は以下の通りです。先生方ありがとうございます。 1 ウルトラハイゲイン 及び 深いネガティブフィードバック 3段増幅により、ウルトラ高感度になっていま …

no image

マニアなら知っておきたいオーディオ雑誌のお宝記事10 デジタル

1.トランジスタ技術 ①2012年2月号「製作研究! 最新USBオーディオ」の特集記事 ②2013年2月「作るマイデジタルオーディオ」の特集記事 ③「一日体験!プロの基板づくり」の特集記事 ④2013 …

no image

水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12

お宝記事は、これでネタが尽きたので、当面休みます。 水晶発振子を測定するためのスペクトルアナライザ(スペアナ)、ネットワークアナライザ(ネットアナ)の記事 1.ジッターの少ない水晶発振子を開発したいの …

[最近の記事]
2015年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031