やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

基板の自作

基板の自作における、ダイレクト製版のインク、fppr感光材による露光の準備の検討

投稿日:2014年11月6日 更新日:

ダイレクト製版によるシルクや、基板作成は、まだ捨てたものではない。
インクの選択や、版(例えばプリントゴッコのもの)の選択など、
まだ試す方法がある。
インクとしては、しゃぶしゃぶ音がならないものを試す。
べっとり塗った方が、よいようであるが、方法選択の余地がある。
カシュー油性塗料を試したが、臭いし、べたべたで大変だった。
0.2mm幅の配線で、切れ切れになる。
———————————————
fpppr感光材による、基板の露光の準備としては、
①感光用の暗室の形成、②紫外線照射がある。
①については、「赤 セロファン紙」、で検索すると、たくさん情報が見つかる。
文房具屋に売っているらしい。ライトにかぶせる。
AONEの紫外線カットフィルム(99%カット)も、あると調べた。

②紫外線照射については、
太陽光では、光量が一定せず、基準にならないので、
ケミカルランプ(10W~20W)を並べるか、「UV LEDテープ」を並べる。
ケミカルランプについては、その照明器具は、普通の直管と同じであり、
傘なし 照明器具 10W」で調べると、多数登場する。
1つが1500~2500円ぐらい。
(スキャナーから、部品を取り除いたものを流用したものにつき
感光基板用露光ライトボックス製作」など参照。)
傘なし照明器具そのままでは、のきなみグロー管が突出しているものしかなく
密に並べることが出来ず、感光のムラが出るようので、グロー管を分解するしかない。

UVのLEDテープについては、波長の説明があるものを選択する。
(青(470nm前後)と赤とを混ぜて、赤紫になっている可能性があるから。)
fpprは、中心周波数が、400nmなので(可視光が400nmまで)、
400nm前後のものを、選択する。

LEDテープは、たいてい5cmまたは、2.5cm単位でちぎることが出来、その単位に3つのLEDが付いている。
5cmのもののほうが、光量が大きいが、間隔が粗い。

25cm角とすると、正方形に均等に並べるには、
5cm単位のものは、25x15本=3.75m、
2.5cm単位のものは25x30本=7.5m必要となる?

UVライト(懐中電灯のようなもの、Amazonで950円など)でもよいのかもしれない。

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

部品交換可能な新しいランド基板の作り方と水晶発振子回路への応用

水晶発振子のコルピッツ回路では、ブレッドボードでやると異常発振しやすいという。 (過去記事「水晶発振子を測定するためのスペアナ、ネットアナの記事 オーディオお宝記事12」でご紹介した「実験・製作の記録 …

no image

シルクスクリーンの自動製版のため、Md-4000を入手し、ドライバを入手した。感光材のfpprを購入した。

ルクスクリーンの自動製版のため、アルプスのMd-xxxxを入手し、ドライバを入手した。 ドライバは、2015年3月まででおしまいなので、 少しでも関心がある方は、早期に入手する必要がある。 アルプスの …

no image

露光機がやっと点灯!+暗室用のフィルタのセロファンは黄色が良いらしい件

かねてより、基板作成のための露光機を検討してきたが、 とりあえず点灯したので、報告する。 木枠は、9cm幅の板で、ほぞ組にした。 以前大きさを、36x24cmにする予定と言っていたが、 38x24x9 …

no image

ネット上にある種々の基板作りの自作方法2

前回「種々の基板作りの方法を研究したので、分類する。1」の補足をする。 前回の番号を流用する。 ハッピー基板(1万2千円~)を注文する前に、試作をしておきたい。 1.(1)の感光基板(サンハヤト)を使 …

no image

fppr200感光剤による基板の自作8 ガラスで押さえつけて格段に良くなった!

<2017年10月>以下、結局あきらめました。 38x24cmの光透過ガラスを買った。 ガラスは外枠にぴったりの大きさとなった。 ガラスでOHPを押さえつけて、OHPの浮きを押さえつけた。 L字のアル …

[最近の記事]
2014年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP