やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

2次元CADチュートリアル

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル5 オフセットとトリムで行う作図法の基礎4 四角コマンド

投稿日:2014年6月15日 更新日:

中心点を基準とする四角コマンドがあることがわかったので、
これを用いて、側面図を書きます。

なお、四角コマンドがあるからといっても、
四角を書くという特別の場合に、楽ができるにすぎず、
必ずしもそうならず、オフセットとトリムは、なお重要です。
①まず、水平の中心線を引きます。
・左上のホームタブ→作図の枠内→直線→
始点を指示→右上のサイドバーの「角度」に180を入力→終点を指示。

・長さは適当でよいです。
②四角形コマンドを使う。
ア:左上のホームタブ→作図の枠内→「四角形」のアイコン(「長方形を中心で」)
をクリックする。
イ:ホーム→「IntelliSketch」の枠内の
「中点」(-・-)(線分の中央)にチェックがあることを確認する。
ウ:図面上の中心線の中心付近に、マウスのポインタを移動させ、
「-・-」を表示させる。
エ:「-・-」を表示させた状態で、左クリックをする。
オ:「幅」に180、「高さ」に20、「角度」に0をそれぞれ入力すると、
四角形の描画は確定し、escで、「四角」のコマンドを終了させる。
・結果は以下の通り。
カ:上記「IntelliSketch」を利用するときは、結果が適正か確認したほうがよ
い。
下の通り、寸法を確認する。四角の中心が、中心線上にあり、OK。
②直径の寸法を記入
ア:ホームタブ→「寸法」枠内→「要素間の距離」をクリックする。
イ:図面の上方に、一時的に、サブフォームが登場するので、
その中の、「要素間の距離-寸法補助記号」をクリック。

ウ:「寸法補助記号」というフォームが開くので、
「補助記号(前)」の枠内で、マウスをクリックして、入力を可能にし、
直径記号の「φ」を入力する。
エ:フォームを閉じて、そのうえで、直径の2要素をクリックすると、
直径20の寸法を記載できる。

③再度、上記②のア~ウにより、直径記号の「φ」を削除する。
・長尺方向の寸法も記入すると、上記の図面ができる。
④おしまい

 

 

 

Follow me!

-2次元CADチュートリアル

執筆者:


  1. coro より:

    こんにちは。
    記事を読ませていただき大変ためになり助かっております。

    さて Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル 
    の4と5の記事が全く同じになっておりますが何かの間違いかと思います。

    出来れば5も公開していただけると助かるのですが。
    よろしくお願いいたします。

    • yama より:

      訂正しました。図形は追々挿入します。
      お役に立てて光栄です。また何かありましたら、お願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル7 アイテムの「移動」のやりかた

Solid Edge 2dにおいて、 アイテムの「移動」のやりかたとしては、 ①ドラッグする。 ②ctrl+Cでコピーして、任意のところで、左クリック。 ③移動コマンドを使う(これが結構、癖があり難し …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル2 オフセットとトリムで行う作図法の基礎

私が学んだ作図法の例として、これから数回にわたり、以下の円柱を作図したいと思う。 ここでは、縮尺1:1の作図を扱う。 縮尺の調整については、難しいので、後の記事で説明する。 まずそもそも、機械製図のC …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル3 オフセットとトリムで行う作図法の基礎2

前回に引き続き、Solid Edge 2dによる2次元図面作成の方法を説明する。 前回では、右図の実体部分を完成したので、左側面図を書いていく。①垂直の線を引く。 ・方法は、チュートリアル2(http …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル11 線分の移動方法2 点のドラッグ

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル11 線分の移動方法としては、以前に記事を書いたが、 点のドラッグをする方法が、見つかったので報告する。 <課題:円を描いたのちに、円の中心 …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル12 中心線の切断方法

課題:中心線を2つに分割する。 中心線については、存在すれば足り、厳密に、その長さが問題となることはない。 もっとも、実体部分より長くする方が見栄えが良く、正確である。 見栄え良くするだけのために、ラ …

[最近の記事]
2014年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP