やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

2次元CADチュートリアル

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル1 (線種登録、初期設定等)

投稿日:2014年6月14日 更新日:

前回(http://usbhobby.sblo.jp/article/99691245.html)で述べたように、
線種を関連付けて登録することができないと、3度手間になる。
そこで、まず、その辺の設定までを、説明していこうと思う。①セットアップ時の注意
ア 住所とメールアドレスを記入する必要がある。登録したら、ダウンロードの画面が現れる。

イ ダウンロードすると、セットアップファイルがダウンロードされる。

ウここで、ダウンロードしたマシンと別のマシンで、セットアップをした場合、
ダウンロードしたマシンが、Eドライブにマイドキュメントがあると、
セットアップするマシンに、Eドライブがなければ、

「セットアップできません」旨となり、
ダウンロードのやり直しになるようなので、注意する。

②ソフトの立ち上げ
kidou1.jpg
起動は、win7の場合、
スタートメニュー→すべてのプログラム→
Solid Edge 2dのフォルダ→Solid Edge 2dを左クリック。
左クリックのところ、右クリックをして、「スタートメニューに追加」をしてもよい。

③テンプレートファイルの設定、書き換え
線種、線の太さ、線の色のセットが、各線でばらばらにならないように、
テンプレートを書き換える。そのため、テンプレートファイルを開く。

ア:Solid Edge 2dの立ち上げ画面の中央の、「既存の文書を開く」
kizon1.png

イ:ファイル選択
たとえば、C:\Program Files\Solid Edge 2D Drafting ST6にインストールした場合、C:\Program Files\Solid Edge 2D Drafting ST6\Templateのフォルダを開き、
jis draft.dft」をダブルクリックして、開く。
templateopen.png

ウ:テンプレートが開いたら、右上タブ「表示」をクリックして、
その中の「スタイル」を開く。

templatechange1.jpg

エ:「スタイルのタイプ」の中から、「線分」を選択する。
templatechange_senbun.jpg

オ:線種を関連付けて登録する。
線種として使用するのは、主に次の4つ。
①center(中心線、一点鎖線)
②hidden(隠れ線、点線)
③normal(実体線、実線)(visibleでもよい。後述の追記。)
④phantom(参照、2点鎖線)

まず、「center」を選択して、「変更」をクリック。
そうすると「線分のスタイルを変更」のフォームが現れるから、ここで、「全般」タブをクリック。
templatechange_senbun_color.jpg
色をお好みで変える。

その他も同様に、お好みで変更する。
ただし、実線だけ、太さを太くする。0.5mmないし、1.0mmにする。色は黒。
隠れ線もその太さにするべきだったかは、忘れました。
センターラインは、0.25mmのまま。
ただし、実線を1mmにするときは、それ以外は、0.5mmでもよいかもしれない。

(追記:「visible」は、初めから太さ0.5mmになっており
③の代わりに、これを使うのが好ましいかもしれません。
それから、線種は削除できないようで、名称を変更して名称の冒頭に1など番号を付すと、思い通りの順序に並べることができ、便利です。
例:1center,2visible,3hidden)

<ちなみに、「スタイル」のフォームで、「構成内容の変更」ボタンを押すとエラーが出るが、
現時点ではよくわからない。画面左上の丸いアプリケーションボタンを押し、一番下の「solid edge 2dのオプション」を押して、「ファイルの場所」タブをクリックしても、エラーに係るファイルを保存する項目がそもそもなく、設定しようがないのである。>

カ:テンプレートをセーブする。
solid Edge 2dの画面の左上の丸いアプリケーションボタンをクリックすると、
保存、新規作成等のコマンドの画面が表示されるので、そこで、上書き保存する。

templatechange_save.jpg

キ:テンプレートを閉じる。右上×ボタンをクリックする。
templatechange_close.jpg


④新規図面を開いて、シートの設定する。

ア:画面中央の「2次元図面の作成」をクリックする。
・その後、直ちに新規図面が立ち上がる。
・これにより、上記の設定に基づく新規図面が、開く。

newopen.jpg

・なお、左上の青い丸いアプリケーションボタンから、「新規作成」した場合には、
テンプレートを選択するように求められるが、
上記で設定したテンプレートを選択する。

イ:画面左上の丸いボタンから、「シートの設定」をクリックする。
newopen_sheet_config2.jpg

ウ:ここで、まず、「背景」タブをクリック。(←これはポイント)
(「背景」タブで、背景のサイズを変更すると、
「サイズ」タブの「シートのサイズ」は自動的に変更される。
先に、「シートのサイズ」を変更すると2度手間になる。)
newopen_sheet_config_background.jpg

エ:背景のサイズを変更する。背景とは、図面枠のことである。
newopen_sheet_config_background.jpg

オ:「シート」タブを選択して、「シートサイズ」を確認する。
その後、この「シートの設定」フォームを閉じる。

カ:縮尺については、後の記事で説明する。


⑤線を描いてみる。

ア:まず、拡大縮小は、マウスのホイールで行う。

イ:画面左上の「ホームタブ」をクリックすると、
直線、円等のコマンドが表示される。
newopen_sheet_line_draw.jpg

ウ:直線は、始点、終点の2点をポイントする。ドラッグするのではない。
さらに、連続して線を描けるが、ここでやめる場合には、右クリックで終了する。
newopen_sheet_line_draw2.jpg

エ:線種を変更してみる。
ここで、線種のツールが自動的に表示されるので
(その点でもユーザの行動がよく考えられている)、
その線分を選択したのち、
center」と表示されている「線分・スタイル」タブをクリックして、
「Normal」へ変更する。
newopen_sheet_line3.jpg
newopen_sheet_line4.jpg

これにより、線が実線になり、太くなりました。
線種を変更するだけで、自動的に線の太さ、色が変わります。これは便利。

オ:注意
・なお、テンプレートファイルを変更せずに
新規のファイルで上記のスタイル変更をしても、ファイルを閉じたのちは、
その変更は、別のファイルにおいてはセーブされません。

それゆえ、まずテンプレートファイルを設定、変更するのが、おすすめです。
・この点が、前の「CADの選択」の記事
http://usbhobby.sblo.jp/article/99691245.html)で、
「一応」できる、と述べたところになります。

・上記の「スタイル」フォームの「構成内容変更」のエラーのせいで、
ソフトの大本のデフォルトを、変更できず、
スタイルの設定は、結局、ファイルごとにならざるを得ず、
テンプレートファイルを設定して、この線種の関連づけを実現させます。

・テンプレートファイルを、上記のとおり事前に変更すれば、
新規作成において、上記の「シート設定」において、シートの枠を変えても、
上記のスタイル設定が、維持されます。
したがって、上記の線種が設定された枠(A1・・・A3)を、逐一用意する必要はありません。

Follow me!

-2次元CADチュートリアル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル7 アイテムの「移動」のやりかた

Solid Edge 2dにおいて、 アイテムの「移動」のやりかたとしては、 ①ドラッグする。 ②ctrl+Cでコピーして、任意のところで、左クリック。 ③移動コマンドを使う(これが結構、癖があり難し …

no image

2次元cadの比較、選択

部品を調達するために、機械図面を設計する必要があって、 2次元cadを選択する必要があった。昔々、私は工作機械の会社に居り、MICROCADAMを猿のように使いこなしていた (これは、ネットによると1 …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル2 オフセットとトリムで行う作図法の基礎

私が学んだ作図法の例として、これから数回にわたり、以下の円柱を作図したいと思う。 ここでは、縮尺1:1の作図を扱う。 縮尺の調整については、難しいので、後の記事で説明する。 まずそもそも、機械製図のC …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル5 オフセットとトリムで行う作図法の基礎4 四角コマンド

中心点を基準とする四角コマンドがあることがわかったので、 これを用いて、側面図を書きます。 なお、四角コマンドがあるからといっても、 四角を書くという特別の場合に、楽ができるにすぎず、 必ずしもそうな …

no image

Solid Edge 2dによる2次元図面作成チュートリアル8 線の一部を分割して隠れ線にする方法

例題は、以下の通り。 以下では、1本の線を選択すると、全部が実線になっており、 一部を隠れ線にすることができない状態にある。 そこで、分割コマンドを使う。 指示の方法が難しいので、説明することにする。 …

[最近の記事]
2014年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP