やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

ez-usb fx2lp usbマイコンの基本の解説

<前提4>Cypress fx2lpその他ロジックICの超基本

投稿日:2013年6月2日 更新日:

・ez-usb fx2lpは、usbを介してデータを転送する、専用のICロジックチップです。
・ロジックICについては、とりあえず、以下の超基本を押さえておけば十分です。

・超基本で申し訳ないですが、
ロジックのICチップは、たいてい、vddに5v~3.3vの直流電圧を与え、
グラウンドのピンを、グラウンドに接続して、
所定どおりに、発振子を接続すれば、動作します。
・ディジタルノイズを低減するために、
パスコンと呼ばれる小容量のコンデンサを、vddの直近に接続します。
小容量とするのは、大容量のコンデンサですと、
高周波領域ではノイズ除去能力が低下するからです。
コンデンサの電荷を供給することにより、電圧の変動を抑え、ノイズを抑制します。
村田のEMI用3端子コンデンサなどが、効果的と考えられます。

・fx2lpについては、その動作を確認する電子ボードが、売られていますので、
まずは、それを利用します(後述)。

・それから、ディジタルにはディジタルの作法というのがあり、勝手な創作が許されないところがある。
例えば、デジタル機器を改造する業者があるが、
むりやり音のいいとされるコンデンサへ変更、改造している場合があるらしい。
確かに、抵抗は大きい方が音がいい。高抵抗では巻き線の巻数を減らせる。
また、音のよいコンデンサもある。
クロック回路では、音がよいとされるLMのリニアレギュレータより、
ディスクリートのバイポーラトランジスタを使った方が、
より一段とノイズを減らせる可能性がある。

しかし、クロック回路の大本は、純然たるアナログ回路であって、ディジタルではない。
輻射ノイズを小さくするには、回路ループを小さくする要請があるし、
音のよいとされる、特定の電解コンデンサより、
村田のEMI用3端子コンデンサの方が、高周波領域では、
ずっとノイズ抑制性能がよいのである。
高周波の流儀を踏まえたうえで、創作をすべきではないかと思われる。

Follow me!

-ez-usb fx2lp usbマイコンの基本の解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

<前提3>USBの簡単な解説

以下のとおり、押さえておけば、 usbの説明書を読まなくても、十分実用になると思います。 1.ディスクリプタ ・USBは、ご存知のとおり、ハブ(タコ足プラグ)を利用でき、 一度に、複数の機器と接続でき …

no image

1.Cypress fx2lpのテストボード

Cypress fx2lpを使うには、 まずは、最低限の機能を実現したテストボードを利用するほうが、便利であり、 その後、動作確認できれば、専用の回路を起こすのがよいと思われます。 Cypress f …

no image

<前提2>ez-usb fx2lp以外の手段について2

usbの専用マイコンとしては、ftdiのFT2232Hがある。 これは、FX2LPよりお手軽で、 マイコンにプログラム(ファームウェア)をインストールする必要がない。 VISUAL STUDIOから命 …

no image

3.fx2lpの開発(準備するものの概要)

開発環境は、以下の図のとおり。 (クリックすると大きくなります) 図にあるように、 ①PCから、FX2LPに命令を下したり、データを送信するのに、 VC#2010とその上で動くソフトが必要になり、 ② …

no image

小さな小さな信号発生器(シグナルジェネレータ、ファンクションジェネレータ)

信号発生器、オシレータ、シグナルジェネレータ、またはファンクションジェネレータを購入して、 fx2lpに入力しようと考えた。fx2lpをスレーブとするクロックとして。 ところが、高い、大きい、6000 …

[最近の記事]
2013年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP