やまちゃんのオーディオブログ

既存のブログをこちらへ順次移動します。

基板の自作

基板の自作における、ダイレクト製版のインク、fppr感光材による露光の準備の検討

投稿日:2014年11月6日 更新日:

ダイレクト製版によるシルクや、基板作成は、まだ捨てたものではない。
インクの選択や、版(例えばプリントゴッコのもの)の選択など、
まだ試す方法がある。
インクとしては、しゃぶしゃぶ音がならないものを試す。
べっとり塗った方が、よいようであるが、方法選択の余地がある。
カシュー油性塗料を試したが、臭いし、べたべたで大変だった。
0.2mm幅の配線で、切れ切れになる。
———————————————
fpppr感光材による、基板の露光の準備としては、
①感光用の暗室の形成、②紫外線照射がある。
①については、「赤 セロファン紙」、で検索すると、たくさん情報が見つかる。
文房具屋に売っているらしい。ライトにかぶせる。
AONEの紫外線カットフィルム(99%カット)も、あると調べた。

②紫外線照射については、
太陽光では、光量が一定せず、基準にならないので、
ケミカルランプ(10W~20W)を並べるか、「UV LEDテープ」を並べる。
ケミカルランプについては、その照明器具は、普通の直管と同じであり、
傘なし 照明器具 10W」で調べると、多数登場する。
1つが1500~2500円ぐらい。
(スキャナーから、部品を取り除いたものを流用したものにつき
感光基板用露光ライトボックス製作」など参照。)
傘なし照明器具そのままでは、のきなみグロー管が突出しているものしかなく
密に並べることが出来ず、感光のムラが出るようので、グロー管を分解するしかない。

UVのLEDテープについては、波長の説明があるものを選択する。
(青(470nm前後)と赤とを混ぜて、赤紫になっている可能性があるから。)
fpprは、中心周波数が、400nmなので(可視光が400nmまで)、
400nm前後のものを、選択する。

LEDテープは、たいてい5cmまたは、2.5cm単位でちぎることが出来、その単位に3つのLEDが付いている。
5cmのもののほうが、光量が大きいが、間隔が粗い。

25cm角とすると、正方形に均等に並べるには、
5cm単位のものは、25x15本=3.75m、
2.5cm単位のものは25x30本=7.5m必要となる?

UVライト(懐中電灯のようなもの、Amazonで950円など)でもよいのかもしれない。

Follow me!

-基板の自作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

fppr感光剤による露光の準備の検討4 露光機の検討の続き

管がもう一つ入るぐらいの隙間がある。 そうなると、光のムラが大きく、管の先端の端子をねじで、直付けするしかないか。 ちなみに、前回申したように、 熱の関係から、取説上、管間を10cm離すことが要求され …

no image

露光機がやっと点灯!+暗室用のフィルタのセロファンは黄色が良いらしい件

かねてより、基板作成のための露光機を検討してきたが、 とりあえず点灯したので、報告する。 木枠は、9cm幅の板で、ほぞ組にした。 以前大きさを、36x24cmにする予定と言っていたが、 38x24x9 …

no image

fppr200感光剤による露光の準備の検討5 露光機の電源穴、ohpの購入、OHPへの印刷、小分けビンの作成、fpprの塗布

現像材が劇物であるということ、暗室を使うということを理由に、 二の足を踏み、遅々として進んでいないが、 サイトをご覧になって待ってる方がいらっしゃるようなので、 重たいお腰を上げて、少しずつ進んでいき …

no image

ネット上にある種々の基板作りの自作方法1

方法を分類すると、可能性としては、以下の通り。 <2017.10月>正直お勧めできない。 1.基板に直接、感光材を塗布する方法(暗い場所が必要) (1)感光基板(サンハヤト)を使う方法(かなり高価) …

no image

fppr200感光剤による基板の自作 還元剤を使用してみた。 中和剤 ph測定液

1.fppr200の現像液の廃棄、中和 (1)経緯 現像液を出したがいいが、処分できないでは、直ちに困ってしまう。 まず、fppr200の現像液を見ると、NA+イオンを含むアルカリであるらしい。 そこ …

[最近の記事]
2014年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

3PR エリア3 タイトル

PAGE TOP